主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

オプション取引のプレミアム理論価格の決定要因について

ここでは、プレミアムの時間的価値を決定する大きな要因であるボラティリティについて紹介します。
ボラティリティは、プレミアムの理論価格を算出する上でも必要になるなど実際に取引をするうえで非常に重要な指標となります。

ボラティリティの計算方法

ボラティリティの計算方法には、以下の2種類があります。


ヒストリカル・ボラティリティ(以下HV)

過去の商品価格の変動を基に統計的に算出されるもの

インプライド・ボラティリティ(以下IV)

実際に取引されているオプションのプレミアムから逆算して求めるもの

ブラック-ショールズモデル

プレミアムを算出するのに広く用いられる代表的なモデルで、考案した二人の人物(フィシャー・ブラック、マイロン・ショールズ)の名前が冠されています。

原資産価格、権利行使価格、HV、残存期間、金利の5つのパラメータからプレミアムの理論価格を算出することができます。

反対に、ブラックモデルにボラティリティ以外の各パラメータと、実際に市場でついたプレミアムの価格を代入し、ボラティリティについて求めたものがIVになります。

IVが上昇するということは、価格の変動幅が大きくなることをあらわしているため、オプションがイン・ザ・マネーになる可能性も高くなります。よって、IVが高いほどオプション価格も高くなり、逆にIVが低いほどオプション価格も低くなります。

ギリシャ指標

以下に、プレミアムの変動を計算する際に重要になる4つのギリシャ指標を紹介します。

デルタ

原資産の価格が動いたときに、オプション価格がどれだけ変化するかという指標です。

デルタが0.8とは原資産が1動くとオプション価格は0.8(原資産の変化の80%)動くということです。具体的には金価格が100円上昇するとそのオプションは80円上昇することを意味しています。デルタはITM(イン・ザ・マネー)になるほど±1に近づき、ATM(アット・ザ・マネー)で±0.5、OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)ではゼロに近づきます。

ガンマ

原資産の価格が動いたときに、前述のデルタがどれだけ変化するかという指標です。

ガンマが0.001とは原資産が1動くとデルタがその変化分の0.001増加するということです。具体的にはデルタ0.8、ガンマ0.001のオプションは金価格が100円上昇するとデルタが0.9になることを意味しています。ガンマの値が大きいと原資産の変動でデルタが変わり易くなり、ヘッジ等の調整が頻繁に必要になります。ガンマはATM近辺で値が大きくなり、ITMおよびOTMになるほど0に近づきます。

ベガ

IVが動いたときに、オプション価格がどれだけ変化するかを測る指標です。

ガンマの動きと似た傾向にありますが、原資産が動かなくてもボラティリティはいろいろな思惑から動くことがあります。

セータ

権利行使日までの残存時間の減少により、プレミアムがどれだけ減少するかという指標です。

一般に残存期間が短くなるほど時間的価値の減少が大きくなり、セータも大きくなります。ITM、OTMではセータは0に近づき、ATM付近で大きくなります。

商品先物取引にかかる重要事項

2020年11月24日現在

商品先物取引の委託者証拠金とレバレッジにつきまして

商品先物取引は委託に際して委託者証拠金の預託が必要になります。最初に預託する委託者証拠金の額は商品により異なりますが、最低取引単位(1枚)当たり片建証拠金(プライス・スキャンレンジ)の額は最高538,500円(オプション取引は除く)です。但し、実際の取引金額は片建証拠金(プライス・スキャンレンジ)の額のおおよそ3倍から40倍程度(オプション取引は除く)という著しく大きな額になります。また、委託者証拠金は、その後の相場変動により追加の預託が必要になることがありますので注意が必要です。その額は、商品や相場の変動によって異なります。 ※弊社ホームページ等に記載されている商品先物取引とは、商品関連市場デリバティブ取引及び商品デリバティブ取引を総称して表記しており、各取引毎に関係法令及び諸規則等に基づく運用及び管理を行っております

商品先物取引のリスクにつきまして

商品先物取引は、商品先物市場の価格変動、為替相場や株式市場等が予測に反して推移した場合は、損失が生ずる可能性があり、価格変動の幅が小さくても総取引金額では大きな額の変動となる為、その変動の幅によっては損失が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
商品先物取引のリスクについての詳細はこちら


商品先物取引の手数料につきまして

商品先物取引の委託には委託手数料がかかります。その額は商品によって異なり、プレミアムオンライン取引においては最低取引単位(1枚)当たり片道最高1,800円(税込1,980円)セルフコースにおいては314円(税込345円)です。


商号等:北辰物産株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長 (金商)第3184号、商品先物取引業者経済産業省20161108商第10号、農林水産省指令28食産第3988号、加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

オプション取引のプレミアム理論価格の決定要因について ページトップへ