主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

ロスカット制度について

「D-station」でのロスカット制度について

弊社の電子取引(D-station)では、「ロスカット制度」はご用意いたしておりませんが、ストップ注文(逆指値)をお使いいただくことによって、損失を極力限定するお取引が可能です。

ロスカット制度とは

商品先物取引業者が定める取引約款等に基づいて、予め委託者が示した「損失の限度」に達した際には、事前に決められた方法により 建玉(ポジション)を手仕舞う注文を商品先物取引業者側で執行し、「損失の限度」を超える損失の発生を極力防ぐことを目的としたものです。 (具体的なロスカット制度の内容は商品先物取引業者によって異なります)

「ストップ注文(逆指値)」とは

特定の注文が有効となる条件を指定して発注する注文であり、有効となる条件を満たした場合に、指定した注文が有効となる注文です。尚、D-stationにおいて、指定できる執行条件は、成行、指値、MTLOとなります。

ストップ注文(逆指値)の詳細はこちら

「ストップ注文(逆指値)」を使った損失限定取引

「ストップ注文(執行条件:逆指値・成行)」を使った損失を極力限定する手法について、金先物ミニ取引の買いを例に説明します。(委託手数料は考慮いたしません。)

ストップ注文のイメージ(買建玉の場合)
※損切りラインとは、思惑が外れた場合に損失を確定したい価格を指します。

  1. 1. 4,100円/gを約定価格として1枚買い建てを行おうとしています。このとき、損失の限度を5,000円と考えています。
  2. 2. 4,100円/gの買いの新規注文を発注します。約定と同時に4,050円/gの売りの逆指値・成行注文を発注します。
  3. 3. 価格が4,050円/gとなった時点(市場で4,050円/gの約定がなされた時点)又はそれ以下となった時点で逆指値注文が売りの成行として登録されます。
  4. 4. 市場の状況にもよりますが、4,050円/g前後で売り注文が約定し、買い建玉が決済されます(損失は5,000円前後)。

但し、相場状況により、指定した値段よりかけ離れた値段で成立する可能性もあります。
※成行の場合、対当する注文が無い場合、残注文はキャンセルされます。

ロスカット制度について ページトップへ