主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

制限値幅等について

サーキットブレーカー(SCB=制限値幅)制度について

制限値幅

取引所によって、各商品ごとに一日の上限価格と、下限価格が設定されており、その範囲でしか価格は変動しません。これを「制限値幅」と呼び、取引するうえで知っておくべき大切なルールとなります。
また、貴金属市場と石油市場では、上限価格と下限価格が一定の条件で拡大するサーキットブレーカー制度(SCB)を導入しております。

【制限値幅の役割】

様々な要因で商品の価格は変動します。2008年のリーマン・ショック、2011年の東日本大震災、2020年の新型コロナショックなどの際は、金や原油など多くの商品が短期間で大きく価格が変動しました。経済を揺るがす大きな出来事が発生すると、その影響を受けて、商品価格は乱高下することがございます。しかし、各商品の一日の価格の変動は制限値幅の枠を超えた価格で取引されることはない為、一日で底なしに価格が下がり続けたり、天井知らずで上がり続けるといった恐怖心は比較的小さくなります。制限値幅はこうした投資家の恐怖心や相場の過熱感を和らげる役割があります。

サーキットブレーカー制度(SCB制度)

各商品の中心限月において、適用しているサーキットブレーカー幅(制限値段)の上限の値段または下限の値段で取引等が行われた場合、直ちにSCBが発動します。その場合、取引を一時中断(10分間)した後、サーキットブレーカー幅が拡大されます。大阪取引所(OSE)銘柄のゴム市場及び農産物市場、東京商品取引所(TOCOM)のガソリンおよび灯油市場は、サーキットブレーカー制度を適用しません。


銘柄毎のSCBおよびDCB幅についての詳細はこちら

即時約定可能値幅(DCB値幅)

商品先物取引にかかる重要事項

2021年10月18日現在

商品先物取引の委託者証拠金とレバレッジにつきまして

商品先物取引は委託に際して委託者証拠金の預託が必要になります。最初に預託する委託者証拠金の額は商品により異なりますが、最低取引単位(1枚)当たり片建証拠金(プライス・スキャンレンジ)の額は最高458,000円(オプション取引は除く)です。但し、実際の取引金額は片建証拠金(プライス・スキャンレンジ)の額のおおよそ3倍から40倍程度(オプション取引は除く)という著しく大きな額になります。また、委託者証拠金は、その後の相場変動により追加の預託が必要になることがありますので注意が必要です。その額は、商品や相場の変動によって異なります。 ※弊社ホームページ等に記載されている商品先物取引とは、商品関連市場デリバティブ取引及び商品デリバティブ取引を総称して表記しており、各取引毎に関係法令及び諸規則等に基づく運用及び管理を行っております。

商品先物取引のリスクにつきまして

商品先物取引は、商品先物市場の価格変動、為替相場や株式市場等が予測に反して推移した場合は、損失が生ずる可能性があり、価格変動の幅が小さくても総取引金額では大きな額の変動となる為、その変動の幅によっては損失が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
商品先物取引のリスクについての詳細はこちら


商品先物取引の手数料につきまして

商品先物取引の委託には委託手数料がかかります。その額は商品によって異なり、プレミアムオンライン取引においては最低取引単位(1枚)当たり片道最高1,980円(税込)セルフコースにおいては345円(税込)です。


商号等:北辰物産株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長 (金商)第3184号、商品先物取引業者経済産業省20161108商第10号、農林水産省指令28食産第3988号、加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

CBについて ページトップへ