主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

取引分析手法(トレンド系)

相場がどの方向に動いていくかを予測するもので、テクニカルにおける主流分析法です。さらにトレンド系は時間に焦点を置いて見る「時系列テクニカル分析」と、時間の概念を除き価格に焦点を置く「不規則時系列テクニカル分析(価格構造テクニカル分析)」に区分されます。

移動平均線

移動平均線とは、テクニカル指標の中でも、最もポピュラーなものです。移動平均線とは、価格の一定期間の平均値をチャート表示し、時間の経過に従い連続させたものです。
(相場の方向性を示す)

中期線をキープして買いポイント短・中期線がゴールデンクロスして買いサイン

[計算式] 単純移動平均線:SMA=(C+C1+C2+C3+C4)/5
C:当日の終値 / C1:前日の終値 / C2:2日前の終値 / C3:3日前の終値 / C4:4日前の終値

ボリンジャー・バンド

ボリンジャー・バンドとは、米国のジョン・ボリンジャー氏が考案したテクニカル指標です。基準とする移動平均(通常は20日平均が多い)に対する当日引値の乖離幅の「標準偏差」を日々計測し、その値位置・変動幅などから推測しようとしたものです。
(相場反転の判断に使える)

バンドを上抜けなければ戻り売りポイントバンドを上抜けてトレンド発生します。買いサイン

[計算式] 1次偏差=n日間MA ±標準偏差(σ)
2次偏差=n日間MA ±標準偏差(σ)×2
n日間MA:過去n日間の移動平均
標準偏差=√(期間×価格の2乗の合計-価格の2乗の合計)/{期間×(期間-1)}

取引分析手法(トレンド系) ページトップへ