主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

余裕資金の運用方法について

余裕資金の運用方法について

余裕資金とは、生活していく中で今すぐ必要とは思われないお金のことです。
生活環境等で余裕資金の基準は異なりますが、一般的には、貯蓄から非常時必要とされる資金を差し引いて余ったお金です。そして、非常時に必要とされる資金の目安は、「月収の6ヶ月分」と考えられています。
万が一無くなってしまっても、今後の生活に支障が出たり、ライフプランに変更が生じたりすることの無い資金であることが絶対です。

この様に余裕資金を資産運用に充てることが、計画性のある正しい資産運用の方法と言えます。
運用方法については余裕資金額によって異なりますが、まずはローリスクな投資信託・国債等の商品をメインに扱い、資金の一部を先物取引などのハイリスクハイリターンの商品に充てるプランはいかがでしょうか。

物価連動国債とは

投資信託とは

国債よりリターンが得られる社債型の投資信託

余裕資金の一部を先物取引で運用

余裕資金の運用方法について ページトップへ

余裕資金の運用方法について ページトップへ