コンテンツ

米連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表

2024/06/13

米連邦準備制度理事会(FRB)は6月12日、政策金利を年5.25~5.50%に据え置くことを決めました。

FOMC声明の主な内容は下記の通り

  • 年内の利下げ想定回数、1回に減少
  • 長期的な政策金利見通しを2.8%と、前回の2.6%から引き上げ
  • 年末のインフレ率見通し2.6%、コアも2.8%に引き上げ
  • インフレは過去1年で緩和したが、引き続き高い
  • ここ数カ月、インフレ率目標に向けて小幅な進展があった
  • 経済見通しは不透明で、インフレリスクに引き続き非常に注意払う
  • 7会合連続で政策金利を年5.25~5.50%に据え置き
  • 政策修正検討では、指標と経済見通し、リスクバランスを慎重に精査
  • 持続的なインフレ鈍化を一段と確認するまで利下げが適切と考えず
  • 政策決定は全会一致
  • 長期の政策金利中央値、2.8%(前回2.6%)
  • 米成長率
    24年2.1%(前回2.1%)
    25年2.0%(前回2.0%)
    26年2.0%(前期2.0%)
  • PCEコア中央値
    24年2.8%(前回2.6%)
    25年2.3%(前回2.2%)
    26年2.0%(前回2.0%)
  • PCE中央値
    24年2.6%(前回2.4%)
    25年2.3%(前回2.2%)
    26年2.0%(前回2.0%)
  • 失業率
    24年4.0%(前回4.0%)
    25年4.2%(前回4.1%)
    26年4.1%(前回4.0%)
※ご注意
本内容については将来の見通しの的確性、あるいは収益性を保証するものではありません。また、本内容により生じたいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いません。

カスタマーサービス・お問合せ先

トレードツール、相場情報ツールの操作方法、口座照会、入出金等に関するお問合せ、その他弊社サービスに関するお問合せは下記までお願いいたします。

電話受付:平日8:00〜翌6:00お気軽にご相談下さい!
0120-282-094
メールでのお問合せ