主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

注文の執行条件(注文の名称解説)

注文の執行条件について

東京商品取引所では、2016年9月20日より新システムが導入されました。
以下の表は、各執行条件の説明及び2016年9月20日以前の執行条件との比較表になります。

以前の執行条件との対比

新システムの執行条件詳細
(弊社仕様)
LO-FaS 指値注文

約定条件:FaS

価格を指定して発注する売買注文です。
売り注文であれば指定価格以上で約定します。
買い注文であれば指定価格以下で約定します。
また、約定残枚数は板に残ります。

MO-FaK 成行注文

約定条件:FaK

価格を指定しないで発注する注文で、約定できる枚数は約定し、残枚数はキャンセルされる注文です。

  • ・ 対当する注文がない場合、板に残りません。
  • ・ 全量約定を保証するものではありません。
  • ・ 直近の約定値から乖離し、思わぬ値段で成立する場合があります。
MTLO
-FaS
MTLO
(最良指値
条件付注文)

約定条件:FaS

  • ・ 挙動が変更になります。(詳細はこちら
  • ・ 弊社では、新システムにおきましても執行条件の表記は、MTLOとなります。
  • ・ ザラバ終了から引板合わせまでの5分間に発注した場合、当該注文は取消されます。

約定条件の種類
(略称)
説明
Fill and Store
(FaS)
約定できる数量は約定し、残枚数は板に残ります。
Fill and Kill
(FaK)
約定できる数量は約定し、残枚数はキャンセルされます。
Fill or Kill
(FoK)
全量約定するか、全量約定できない場合はキャンセルされます。

MTLOの仕様の変更について

反対サイドに注文がない場合の挙動が変更になり、同サイドの発注状況に関係なく、反対サイドに注文がなければキャンセルされます。

項目 新システム 旧システム
挙動の変更 反対サイド(売注文であれば買側、買注文であれば売側)に注文がない場合は、注文がキャンセルされます 反対サイドに注文がない場合同サイドの最良気配値よりも1ティック有利な価格(約定が優先される価格)のLO-FaSとして気配値に登録されます。尚、当該価格の約定優先順位は「1位」となります。
DCB(CB)の契機
となった場合の
注文の取扱い
当該注文がトリガーとなりDCBが発動した場合、MOとして登録され、立会再開時に未約定となった注文は、約定値段のLOとして登録されます。
(約定が成立しない場合には失効します。)
当該注文がトリガーとなりCBが発動した場合、対当した値段のLOとして登録されます。

その他の執行条件

TOCOMの新システムではSO、BLO、NSCOが廃止となりました。但し、弊社ではSO注文に代わるものとして、以下の注文をご用意しております。

新システム
(弊社仕様)
売買注文の説明 旧システム
逆指値・成行 買い注文の場合、直近の約定値段が指定値段以上となった場合、成行注文が発注されます。
売り注文の場合、直近の約定値段が指定値段以下となった場合、成行注文が発注されます。
SO-MO-FaK
逆指値・指値 買い注文の場合、直近の約定値段が指定値段以上となった場合、指値注文が発注されます。
売り注文の場合、直近の約定値段が指定値段以下となった場合、指値注文が発注されます。
SO-LO-FaS
SO-MTLO 買い注文の場合、直近の約定値段が指定値段以上となった場合、MTLO-FaSが発注されます。
売り注文の場合、直近の約定値段が指定値段以下となった場合、MTLO-FaSが発注されます。
SOの条件に該当し、MTLO注文がザラバ終了から引板合わせまでの5分間に発注された場合、当該注文は取消されます。
SO-MTLO-FaS

※通常の注文とは異なるシステムロジックになっております。取引所においてお客様が指定した値段に到達後、弊社サーバーから取引所に成行/指値/MTLOのいずれかを発注するまで若干、お時間を頂きます。


引け条件付き注文

項目 内容
引成注文 引板合わせ時に成行注文として登録されます。
引指注文 引板合わせ時に指値注文として登録されます。

※引成注文・引指注文において、弊社のシステムでは有効期限を発注時の営業日以降に設定されても、発注を行った当該セッションの引板合わせ時に約定しなかった場合は取消されます。

※夜間立会終了前のNCP(ノンキャンセル・ピリオド)に発注された引け条件付き注文(引成注文・引指注文)につきましては、引板合わせの対象外となります。

※引板合わせについてはこちら

注文の執行条件 ページトップへ