原油高騰・金歴史的高値!!インフレ時代の投資術

原油高騰・金歴史的高値!!インフレ時代の投資術

本セミナーは終了いたしました。
多数のお申込みをいただき誠にありがとうございました。

新型コロナウイルスの感染拡大が未だ終息を迎えない中、ロシアのウクライナ侵攻を受けて原油などエネルギー資源や非鉄金属、穀物価格などが急騰し、世界的にインフレが進行しております。また、インフレ高進を受けてインフレヘッジ目的などから金が買われ、国内金先物価格は4月に史上最高値を更新するなど騰勢を強めました。

現状においても米欧のロシア制裁強化により、ロシア産原油が市場から消失するとの警戒感などから原油価格は高止まりが続いており、依然として先高期待があります。

一方で、中国ゼロコロナ政策や米国の急速な利上げは、世界のエネルギー需要にどの程度の影響をもたらすのかなど、原油価格の先行きに対しての不透明要素もあります。

このような市場環境の中、今後のWTI原油の動向を占ううえでは100ドルを巡る攻防が重要なポイントになりそうです。

本セミナーでは、原油の最新需給などから市場予想を徹底分析し、原油価格の今後の展望について解説します。

更に、原油高などの影響により様々な分野で値上げが相次ぐなど日本にもインフレの波が着実に押し寄せる中で、資産防衛のための『金の投資戦略』も必見です。

セミナー概要

開催日時 2022年6月16日(木)20:00 ~ 21:10
参加費 無料
視聴方法

お申込みいただいた方へ、弊社より電子メールにて視聴用URLをお送りいたします。セミナー当日は、配布された視聴用URLよりご覧ください。

講師 大場 紀章氏
ナビゲーター 大橋 ひろこ氏

講師プロフィール

大場 紀章氏

エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所 代表

京都大学理学研究科修士課程修了後、株式会社テクノバに入社。自動車産業の視点から化石燃料や電力などのエネルギー供給や、次世代自動車技術の調査研究に従事。ウプサラ大学、中国石油大学に短期留学。2014年に独立し、フリーランスのエネルギーアナリストを経て、2021年6月にポスト石油戦略研究所を設立。ポスト石油時代における日本のエネルギー安全保障や産業のGX/DX戦略について調査研究および提言を行っている。株式会社JDSCフェロー。PHP総研客員研究員。経済産業省「クリーンエネルギー戦略検討合同会合」委員。

大橋 ひろこ氏

フリーアナウンサー/個人投資家

福島県出身。アナウンサーとして経済番組を担当したことをきっかけに自身も投資を始め、現在では個別株、インデックス投資、投資信託、FX、商品先物と幅広く投資している。個人投資家目線のインタビューに定評があり、経済講演会ではモデレーターとして活躍する。自身のトレードの記録はブログで赤裸々に公表しておりSNSでの情報発信も人気。現在ラジオNIKKEIなどで経済番組レギュラーを多数抱え、キャスターとしても多忙な日々を送っている。

注意事項

  • 当セミナーは当社取扱いの商品先物取引の契約等の締結を勧誘する目的がございます。
  • 当セミナーの掲載資料に記載された情報に関しては、万全を期してはおりますが、将来の相場動向等の予測や内容を保証するものではありません。
  • 当セミナーで提供する情報はあくまでも個人的な相場観であり、投資の最終的決定についてはご自身の判断と責任においてお取引ください。商品先物取引は、相場の状況によっては取引証拠金以上の損失が生じる場合がございますので、ご注意ください。
  • 当社の判断によりセミナーへのご参加をお断りする場合がございます。
    尚、お断りする理由等につきましてはご説明はいたしかねますので予めご了承下さい。
  • 当セミナーの終了時間は前後することがございます。
  • お使いの端末や通信ネットワークの環境によっては正常に当セミナーを視聴できない場合がございます。
  • 当セミナーのご参加は無料ですが、ご視聴の際に発生するデータ通信料等はお客様負担となります。
    データ通信料等はご利用の通信会社のご契約プラン等により内容が異なりますので、あらかじめ契約会社にお問い合わせのうえご視聴ください。
  • 当セミナーは告知なく、変更または終了する場合があります。

プレミアムオンライン取引
専用ダイヤル

0120-253-277

平日8:00〜23:00(土日祝は休み)

メールでのお問合せ

商品先物取引の重要事項

2022年7月4日現在

商品先物取引の委託者証拠金とレバレッジにつきまして

商品先物取引は委託に際して委託者証拠金の預託が必要になります。最初に預託する委託者証拠金の額は商品により異なりますが、最低取引単位(1枚)当たり片建証拠金(プライス・スキャンレンジ)の額は最高1,447,000円(オプション取引は除く)です。但し、実際の取引金額は片建証拠金(プライス・スキャンレンジ)の額のおおよそ3倍から40倍程度(オプション取引は除く)という著しく大きな額になります。また、委託者証拠金は、その後の相場変動により追加の預託が必要になることがありますので注意が必要です。その額は、商品や相場の変動によって異なります。 ※弊社ホームページ等に記載されている商品先物取引とは、商品関連市場デリバティブ取引及び商品デリバティブ取引を総称して表記しており、各取引毎に関係法令及び諸規則等に基づく運用及び管理を行っております。

商品先物取引のリスクにつきまして

商品先物取引は、商品先物市場の価格変動、為替相場や株式市場等が予測に反して推移した場合は、損失が生ずる可能性があり、価格変動の幅が小さくても総取引金額では大きな額の変動となる為、その変動の幅によっては損失が預託した証拠金を上回るおそれがあります。

商品先物取引のリスクについての詳細はこちら

商品先物取引の手数料につきまして

商品先物取引の委託には委託手数料がかかります。その額は商品によって異なり、プレミアムオンライン取引においては最低取引単位(1枚)当たり片道最高1,980円(税込)セルフコースにおいては345円(税込)です。

弊社のディスクロージャーにつきまして

弊社の企業情報につきましては、弊社店頭・ホームページ及び日本証券業協会、日本商品先物取引協会ホームページにて開示を行っております。

商号

北辰物産株式会社
本社所在地 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-9-2
TEL 03-3668-8111(大代表)

登録・許可番号

関東財務局長(金商)第3184号、農林水産省指令28食産第3988号、経済産業省20161108商第10号

加入協会等

日本証券業協会日本商品先物取引協会一般社団法人日本投資顧問業協会日本商品先物振興協会日本商品委託者保護基金日本証券クリアリング機構

商品先物取引に関するご相談、お問合せ

北辰物産株式会社 お客様相談窓口 管理部
所在地 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-9-2
電話番号 0120-102-177
受付時間 月~金曜日(祝日を除く) 8:30 ~ 17:30
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
所在地 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
電話番号 0120-64-5005
受付時間 月~金曜日(祝日、12/31~1/3を除く) 9:00~17:00
URL https://www.finmac.or.jp/
日本商品先物取引協会 相談センター
所在地 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7 東京商品取引所ビル6階
電話番号 03-3664-6243
受付時間 月~金曜日(祝日を除く) 9:00~17:00
URL http://www.nisshokyo.or.jp/