主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

オプション取引の用語集(さ行)

差金決済

権利行使後に、現物の受渡しを行わず、原資産価格とオプションの権利行使価格の差額が決済されること。

オプション取引の用語集(さ行) ページトップへ

時間的価値

原資産価格の、未来の価格変動への期待から生じる、オプションの価値。時間の経過とともに減少し、オプションの権利行使日にはゼロになる。


関連
ショート

「売り」の意。


関連
シリーズ

原商品の種類、権利行使のタイプ、コールとプットの別、権利行使日、権利行使価格などによって分類されたオプションのことで、銘柄とも言う。取引所ではこのシリーズ毎に取引されている。

オプション取引の用語集(さ行) ページトップへ

ストラドル

同じ限月、同じ権利行使価格のプット・オプションおよびコール・オプションを同時に売買する戦略のこと。


関連
ストラングル

同じ限月、異なる権利行使価格のプット・オプションおよびコール・オプションを同時に売買する戦略のこと。


関連
スプレッド

オプション取引の戦略の1つで、異なる権利行使価格、または異なる限月のコール・オプションやプット・オプションの買いと売りを組み合わせる戦略のこと。


関連

オプション取引の用語集(さ行) ページトップへ

セータ

権利行使日までの残存時間の減少により、プレミアムがどれだけ減少するかという指標。


関連

オプション取引の用語集(さ行) ページトップへ

早期行使

アメリカン・オプションにおいて、権利行使日を向かえる前に権利行使すること。


関連
損益分岐点

オプション取引の損益において、オプションの損益が±ゼロになる原資産価格のこと。


関連

オプション取引の用語集(さ行) ページトップへ