主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

商品先物取引の取引証拠金について

商品先物取引の取引証拠金について(値洗益の取扱い) ページトップへ

値洗益の取扱いについて

スパンを基本として計算した証拠金制度では、値洗益での建玉が可能です。
お持ちの建玉において値洗益が発生した場合、その値洗益については新たな建玉が可能となります。

また、前営業日で口座に不足金が発生した場合、建玉の値洗いが改善しても、不足金が解消されるまで新規注文を発注する事は出来ません。
尚、不足請求金額につきましては、前営業日大引け時の値洗いを適用するため、立会中の値洗いの変動によって解消することはございません。

預り証拠金:300,000円
建玉:東京金3枚  (プライス・スキャンレンジを90,000円/枚と仮定します。)
値洗い:200,000円

項目 金額 備考
(A) 預り証拠金 300,000円 お客様からお預かりしたご資金(現金又は有価証券)に売買差損益金を加減算した額
(B) 値洗益 200,000円 リアルタイムで計算します。
(A) + (B) = (C)
(C) 受入証拠金の総額
500,000円 お客様が預託した証拠金の総額に、売買差損益金及び値洗損益金通算額を加減した額を「受入証拠金の総額」といいます。
(D) 委託者証拠金 270,000円 90,000円 × 3枚
(C) − (D) = (E)
(E) 注文可能金額
230,000円 弊社が定めた委託者証拠金では、値洗損益が加減算されますので、この場合の注文可能額は230,000円となります。

上記のように値洗益が注文可能金額に加算されるため、さらに東京金を2枚の建玉が可能です。
(当初保有していた建玉を合わせると、合計5枚の建玉が可能です。)

値洗い益での建玉イメージ

値洗益の取扱のご注意

値洗益については、建玉に利用することは可能ですが、出金する事はできませんのでご了承ください。

値洗損が発生した場合

建玉の値洗損が発生した場合、建玉を処分しないで取引を継続するためには、証拠金を追加預託する必要が生じることもあります。(詳細については「不足金の対応」の項目をご参照下さい。)

商品先物取引の取引証拠金について(値洗益の取扱い) ページトップへ

商品先物取引の取引証拠金について(値洗益の取扱い) ページトップへ