主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

CBについて

CBの運用(詳細)

CBの運用は工業品銘柄(貴金属、石油、ゴム)と穀物銘柄(農産物)で異なり、また、一部の銘柄では例外的な運用を行っております。
以下では、それぞれの運用についてまとめております。

工業品銘柄

  1. 1回目及び2回目のCBが発動したときは、CB発動時刻から5分間立会を中断し、また、立会再開時はCB幅を拡大(※)し、立会が開始されます。
    ※直前のCB幅に拡大値幅を加算した幅となります。

例:金の場合

  • 1回目のCB発動後 = 300円 【計算式:当初値幅 (150円) + 拡大値幅(150円)】
  • 2回目のCB発動後 = 450円 【計算式:直前のCB幅(300円) + 拡大値幅(150円)】
  • 3回目のCB発動後 = 600円 【計算式:直前のCB幅(450円) + 拡大値幅(150円)】
  1. 4回目以降のCBが発動したときはCB幅を拡大せず(例:金600円のまま)、CB発動時刻から5分間中断した後、立会が開始されます。
    ただし、取引所が必要と認めるときは、中断時間及び拡大値幅を変更することがあります。
  2. ゴム市場については、4回目以降、原則、当月限を除き拡大しません。

穀物銘柄(小豆を除く)

  1. 1回目及び2回目のCBが発動したときは、CB発動時刻から5分間立会を中断し、また、立会再開時はCB幅を拡大(※)し、立会が開始されます。
    ※直前のCB幅に拡大値幅を加算した幅となります。

例:とうもろこしの場合

  • 1回目のCB発動後 = 1,000円 【計算式:当初値幅 (500円) + 拡大値幅(500円)】
  • 2回目のCB発動後 = 1,500円 【計算式:直前のCB幅(1,000円) + 拡大値幅(500円)】
  1. 3回目以降のCBが発動したときはCB幅を拡大せず(例:トウモロコシ1,500円のまま)、CB発動時刻から5分間中断した後、立会が開始されます。
    ただし、取引所が必要と認めるときは、中断時間及び拡大値幅を変更することがあります。

小豆の運用

  1. 1回目のCBが発動したときは、CB発動時刻から5分間立会を中断し、立会再開時はCB幅を拡大(※)し、立会が開始されます。
    ※直前のCB幅に拡大値幅を加算した幅となります。

小豆の場合

  • 1回目のCB発動後 = 700円 【計算式:当初値幅 (350円) + 拡大値幅(350円)】
  1. 2回目以降のCBが発動したときはCB幅を拡大せず、CB発動時刻から5分間中断した後、立会が開始されます。
    ただし、東京商品取引所が必要と認めるときは、中断時間及び拡大値幅を変更することがあります。

CBの運用(詳細)について ページトップへ