主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

コンテンツ

NY原油、小幅続伸

2019/03/15

14日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の米国産標準油種WTI4月物の清算値は前日比0.35ドル高の1バレル=58.61ドルと小幅に続伸しました。

石油輸出国機構(OPEC)がこの日発表した月報では、加盟国の2月の産油量が前月比0.7%減の日量3054万9000バレルとなりました。年初から実施しているOPEC主導の協調減産で、需給改善が続いていることが示されました。これを受け、需給引き締まりへの期待が高まり、原油買いが促されました。

一方、相場が4カ月ぶりの高値圏で推移する中で高値警戒感もくすぶり、上値は重くなりました。貿易摩擦解消に向けた米中首脳会談の実施が早くても4月になるとの報道のほか、中国の1〜2月の鉱工業生産の伸びが10年ぶりの低水準にとどまったことも世界経済の先行き懸念を強め、相場の重しとなりました。

日足チャート

バックナンバー

コンテンツ ページトップへ

カスタマーサービス・お問合せ先

トレードツール、相場情報ツールの操作方法、口座照会、入出金等に関するお問合せ、その他弊社サービスに関するお問合せは下記までお願いいたします。

0120−282−094

メールでのお問合わせ

コンテンツ ページトップへ