主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

金利が変動する仕組み

金利が変動する仕組み

資産運用で株や外国為替取引などを行っていると、さまざまな要因で取引価格が上昇、下降する状況に出会います。需要の高い銘柄や人気のある金融商品は価格が上がりますし、反対に今後の見通しが良くないものは価格が下がります。
金利の変動もこれと同じで需要と供給のバランスによって変動します。お金を借りたい人が多い(たくさんのお金が借りられている)時には金利は上がり、逆の場合には金利は下がります。
この二つのバランスに加え、景気の善し悪しや金融政策、為替相場など、いくつもの要因が関係しあい金利が決まるのです。

金利とは?

固定金利と変動金利、どちらにもメリットとデメリットがある

10年国債などでの資産運用

金利が変動する仕組み ページトップへ

金利が変動する仕組み ページトップへ