主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

投資にかかる税金の優遇措置について

投資にかかる税金の優遇措置について

2013年末から話題になっていた「少額投資非課税制度」(通称NISA)がスタートしました。同時にこれまで引き下げられていた株式の配当や譲渡益の所得税、住民税の税率が本来の税率である20%に戻りました。
この証券優遇税制を打ち切り、税率が10%から20%になることで、2013年の11月には、国内個人投資家の売越額が2兆円を超し、過去最高となりました。これは優遇税制廃止に影響された売却が多く含まれているものと見られています。

■税率が引き上げられる理由

■納税額はこれまでの倍に!

■これからはNISAが常識? 個人投資家にとって非課税はメリットになるか

投資にかかる税金の優遇措置について ページトップへ

投資にかかる税金の優遇措置について ページトップへ