9月20日より取引システムが変わります。

東京商品取引所の次期取引システムの変更点について

東京商品取引所(以下、TOCOM)では、2016年9月20日(火)より、日本取引所グループ(JPX)の取引システムが導入される予定です。
ここでは、現行の取引システムと新システムの違いについて下記に記載させて頂きます。

立会スケジュール等の変更

立会時間の変更点について

項目 次期システム 現行システム
日中立会 8時45分 〜 15時15分
8時から注文受付開始
9時00分 〜 15時15分
※8時30分から注文受付開始
夜間立会 16時30分 〜 翌歴日5時30分
※16時15分から注文受付開始
※ゴムのみ19時まで
16時30分 〜 翌歴日4時00分
※16時15分から注文受付開始
※ゴムのみ19時まで

次期システムの、当日(一計算区域)立会時間


※ゴムのみ夜間立会は、「16:30〜19:00」となります。

その他変更点

項目 次期システム 現行システム
大納会における
夜間立会
年末の取引最終日(大納会)
に翌計算区域の夜間立会を実施
夜間立会は行われない
新甫発会日 当月限納会日の翌計算区域の日中立会から新甫発会 当月限納会日の翌計算区域の夜間立会から新甫発会
ミニ取引の取引最終日(※) 標準取引の当月限納会日の前営業日の日中立会で取引終了 標準取引の当月限納会日の夜間立会で取引終了

※ミニ取引の取引最終日につきましては、弊社の規定により取引最終日の属する15日(休日の場合は前営業日)となります。そのため、弊社では現行の規定と変更はございません。

TOCOM次期取引システムの変更点について ページTOPへ

板合わせについて

引板合わせの導入

引け(立会終了)時に、市場に出されている注文の条件から、最も多くの注文が対等する単一値段で成立させる手法で、新システムより導入されます。
尚、寄付(立会開始)時に行われるものは寄付板合わせといい、こちらは新システムとは運用が異なる点もありますが、現行システムにもあります。

夜間立会の引板合わせ

午前5時25分にザラバが終了します。
その後、5分間の注文受付時間を設け、午前5時30分に引板合わせが行われます。
(ゴムは18時55分にザラバを終了し、19時に引板合わせが行われます。)

日中立会の引板合わせ

15時10分にザラバが終了します。
その後、5分間の注文受付時間を設け、15時15分に引板合わせが行われます。

【重要】ノンキャンセル・ピリオドの導入

板合わせ直前の訂正・取消により、板合わせ価格が直前に変動することを防止するため、訂正・取消注文を原則として禁止するノンキャンセル・ピリオド(以下NCP)が導入されます。

概要 板合わせ直前の1分間について、訂正・取消注文を原則として受付けられない。
対象商品 全商品
対象時間帯 日中立会の寄付板合わせ 1分前
夜間立会の寄付板合わせ 1分前
夜間立会の引板合わせ 1分前

※日中立会の引板合わせは対象外、サーキットブレーカー解除後の板合わせ及びDCB後の板合わせにおいても対象外。

1計算区域のタイムスケジュール

板合わせにおける約定値段決定方法の変更

項目 次期システム 現行システム
前提条件 注文が対当していない場合や指値注文がない場合は板合わせは行われず、ザラバに移行します。注文が対当しており、かつ指値注文がある場合、板合わせが行われ、次の通りに約定価格が決定します。
条件1 最も高い指値注文の値段から最も低い指値注文の値段に、上下1ティック加減した値段の間で、売注文と買注文が対当する値段 LOが存在する値段で、約定数量が最大となる値段
条件2 条件1の値段が複数ある場合は、当該値段で約定枚数が最大となる値段
条件3 条件2の値段が複数ある場合は、当該値段で未約定となる数量が最小となる値段 条件1、2の値段が複数ある場合は、当該値段で未約定となる数量が最小となる値段
条件4 条件3の値段が複数ある場合は、当該値段で
  • 未約定となる注文が売越しとなるときは、このうち最も安い値段
  • 未約定となる注文が買越しとなるときは、このうち最も高い値段
条件3において、未約定となる数量が最少となる値段が複数ある場合は、有利な値段のLOが未約定とならない値段
条件5 条件4で決まらない場合は、当該値段でReference Price(※)に最も近い値段 条件4において、当該値段が複数ある場合は、当該値段の間において、Reference Priceに最も近い値段

※Reference Priceは以下の通り

  • 寄付板合わせ、引板合わせ時及び立会再開時は、同一計算区域の直近の約定値段。直近の約定値段がない場合は前計算区域の帳入値段。SCO同士の場合は条件4までの候補値段の平均値段(端数は切上げ)。
  • 新甫発会限月の最初の立会開始時は隣接する限月の前計算区域の帳入値段。

TOCOM次期取引システムの変更点について ページTOPへ

帳入値段及び最終決済価格の変更

  • 帳入値段は原則として終値となります。
  • 当月限納会日にあっては原則として日中立会における加重平均(VWAP)となります。
  • ミニ取引の帳入値段は現行と同じですが、立会スケジュールの変更により取引最終日と最終決済日が異なります。
  • 金限日の帳入値段は現行どおり理論値ですが、算出基準元である標準取引の帳入値段の決定方法が変更となります。
項目 次期システム 現行システム
現物
先物取引
帳入値段 通常日 終値 算出基準時間帯のVWAP
当月納会日 日中立会におけるVWAP
金ミニ
白金ミニ
帳入値段 通常日 標準取引の帳入値段と同値 標準取引の帳入値段と同値
取引最終日 標準取引の帳入値段と同値 標準取引の当月限納会日の日中立会始値(最終決済価格と同じ)
最終決済価格 標準取引の当月限納会日の日中立会始値 標準取引の当月限納会日の日中立会始値
金限日 帳入値段 理論値
原油 帳入値段 通常日 終値 算出基準時間帯のVWAP
取引最終日
最終決済価格 当該限月のドバイ原油の平均価格
  • ※上記により算出した値段が妥当でないとTOCOMが認めた場合は、TOCOMが指定した値段となります。

TOCOM次期取引システムの変更点について ページTOPへ

売買注文の変更

注文の名称変更について

次期システム 現行システム 約定条件
(現行と同じ)
備考
指値注文 LO FaS,FaK,FoK

価格を指定して発注する売買注文です。
売り注文であれば指定価格以上で約定します。
買い注文であれば指定価格以下で約定します。
また、約定残枚数は板に残ります。

  • 弊社ではFaSのみ取扱います。
成行注文 MO FaK,FoK

価格を指定しないで発注する注文で、約定できる枚数は約定し、残枚数はキャンセルされる注文です。

  • 全量約定を保証するものではありません。
  • 弊社ではFaKのみ取扱います。
最良指値
条件付注文
MTLO FaS,FaK,FoK
  • 挙動が変更になります。(詳細はこちら
  • 弊社では、新システムにおきましても執行条件の表記は、MTLOとなります。
  • 弊社では、FaSのみ取扱います。
スタンダード
コンビネーション注文
SCO LO,MO,MTLOの指定+
各種類の約定条件を指定
  • 有効期限等が変更になります。
  • 弊社では現行及び新システムでも、取扱いございません。
約定条件の種類
(略称)
説明
Fill and Store
(FaS)
約定できる数量は約定し、残枚数は板に残ります。
Fill and Kill
(FaK)
約定できる数量は約定し、残枚数はキャンセルされます。
Fill or Kill
(FoK)
全量約定するか、全量約定できない場合はキャンセルされます。
  • 弊社では現行及び新システムでも、取扱いございません。

MTLOの仕様の変更について

反対サイドに注文がない場合の挙動が変更になり、同サイドの発注状況に関係なく、反対サイドに注文がなければキャンセルされます。

項目 次期システム 現行システム
挙動の変更 反対サイド(売注文であれば買側、買注文であれば売側)に注文がない場合は、注文がキャンセルされます 反対サイドに注文がない場合同サイドの最良気配値よりも1ティック有利な価格(約定が優先される価格)のLO-FaSとして気配値に登録されます。尚、当該価格の約定優先順位は「1位」となります。
DCB(CB)の契機
となった場合の
注文の取扱い
当該注文がトリガーとなりDCBが発動した場合、MOとして登録され、立会再開時に未約定となった注文は、約定値段のLOとして登録されます。
(約定が成立しない場合には失効します。)
当該注文がトリガーとなりCBが発動した場合、対当した値段のLOとして登録されます。

廃止となる注文と、それに伴う弊社の対応について

TOCOMの新システムではSO、BLO、NSCOが廃止となります。但し、弊社ではSO注文に代わるものとして、以下の注文をご用意させて頂く予定です。

次期システム移行に伴う弊社の対応 売買注文の説明 現行システム
逆指値・成行 買い注文の場合、直近の約定値段が指定値段以上となった場合、成行が発注されます。
売り注文の場合、直近の約定値段が指定値段以下となった場合、成行が発注されます。
SO-MO-FaK
逆指値・指値 買い注文の場合、直近の約定値段が指定値段以上となった場合、指値が発注されます。
売り注文の場合、直近の約定値段が指定値段以下となった場合、指値が発注されます。
SO-LO-FaS
SO-MTLO 買い注文の場合、直近の約定値段が指定値段以上となった場合、MTLO-FaSが発注されます。
売り注文の場合、直近の約定値段が指定値段以下となった場合、MTLO-FaSが発注されます。
SO-MTLO-FaS

※通常の注文とは異なるシステムロジックになっております。取引所においてお客様が指定した値段に到達後、弊社サーバーから取引所に成行/指値/MTLOのいずれかを発注するまで若干、お時間を頂きます。

引け条件付き注文の導入

下記の注文は、新システムより導入されます。(現行システムにはありません。)

項目 内容
引成注文 引板合わせ時に成行注文として登録されます。
引指注文 引板合わせ時に指値注文として登録されます。

※引成注文・引指注文において、弊社のシステムでは有効期限を発注時の営業日以降に設定されても、発注を行った当該セッションの引板合わせ時に約定しなかった場合は取消されます。

※夜間立会終了前のNCP(ノンキャンセル・ピリオド)に発注された引け条件付き注文(引成注文・引指注文)につきましては、引板合わせの対象外となります。

引板合わせについてはこちら

発注可能値段

次期システム 現行システム
サーキットブレーカー(SCB)幅の範囲内 前計算区域の帳入値段から上下に2,000tickの幅
  • ※現行システムでは、上記の幅を超える値段でTOCOMに発注した場合、当該注文は取消されます。
  • ※新システムでは、発注可能値幅がSCB幅と同値となるため、 TOCOMではSCB幅外への注文は受付られません。但し、弊社ではSCB幅外への注文はサーバー内でストックし、SCB幅内になった段階でTOCOMに発注されます。

TOCOM次期取引システムの変更点について ページTOPへ

サーキットブレーカーの考え方

次期システムでは現行のサーキットブレーカー(Static Circuit Breaker = SCB)に加え、新たなサーキットブレーカー制度として、「即時約定可能値幅」 (Dynamic Circuit Breaker = DCB)が導入されます。


帳入値段についてはこちら

TOCOM次期取引システムの変更点について ページTOPへ

即時約定可能値幅(DCB)の導入

価格の連続性を維持し、急激な価格変動を防止するため、即時約定可能値幅が導入されます。

概要

  • 即時約定可能値幅外で注文が対当した場合、30秒間、立会が一時中断(DCB:Dynamic Circuit Breaker)されます。
  • DCB中は注文受付を行い、板合わせから再開いたします。
  • 即時約定可能値幅は基準値段を基に設定されます。
    ※基準値段は原則として直近約定値段です。

注意事項

  • 寄付板合わせ時(日中立会、夜間立会とも)には即時約定可能値幅は設定されません。
  • 引板合わせ時(日中立会、夜間立会とも)には即時約定可能値幅内で注文が対当した場合に約定が成立します。
  • DCB後の板合わせ時には即時約定可能値幅内で注文が対当した場合に約定が成立します。
  • サーキットブレーカー後の板合わせ時には即時約定可能値幅は設定されません。
  • FoKではDCBは発動しません。
  • 即時約定可能値幅は定期的に見直しされます。

即時約定可能値幅の例

前提

  • 東京金 X年Y月の直近約定値段を、4,450円とします。
  • DCB幅を40円とします。
  • 市場に受付中の注文は下記の通りとします。
    買 4,455円  5枚
    買 4,420円 10枚
    買 4,400円 20枚

4,400円の売の指値注文(FaS)50枚を発注する。


DCBが発動すると、30秒間取引中断

TOCOM次期取引システムの変更点について ページTOPへ

サーキットブレーカー(SCB)制度の変更

市場状況を勘案しTOCOMが必要と認めた場合に、SCBが発動されます。

項目 次期システム 現行システム
SCB発動
の条件
TOCOMが市場状況を勘案し、必要と認めた場合

※ただし、当分の間はSCBを発動させず、SCB幅の臨時拡大を行わない方針となります。この方針を変更し、SCBを発動させ、SCB幅の臨時拡大を行う事とする場合には、TOCOMより予め告知されます。

CB幅外で注文が対当した場合
SCBの時間 TOCOMが市場状況を勘案し、必要と認めた時間 5分間

※発注可能値幅がSCB幅と同値となるため、 TOCOMではSCB幅外への注文は受付られません。但し、弊社ではSCB幅外への注文はサーバー内でストックし、SCB幅内になった段階でTOCOMに発注されます。
(現行システムでは、前営業日の帳入値段から上下2000Tickまで受付可能。)

即時約定可能値幅とサーキットブレーカー幅

次期システム稼働当初の値であり、稼働後も市場状況を勘案され見直しが行われます。

  • ※即時約定可能幅を定期見直しにより変更する場合は、日中立会から反映されます。
  • ※サーキットブレーカー幅を定期見直しにより変更する場合は、夜間立会から反映されます。
商品 次期システム 現行システム
即時約定可能
値幅(DCB幅)
サーキットブレーカー幅(SCB幅) CB幅
(当初)
CB幅
(最大拡大時)

(標準、ミニ、
限日、オプション)
40円 800円 150円 600円
1.0円 30.0円 6.0円 24.0円
白金(標準、ミニ) 40円 800円 200円 800円
パラジウム 30円 300円 100円 400円
石油市場
中京石油市場
400円 10,000円 2,400円 9,600円
ゴム 1.5円 20.0円 5.0円 20.0円
一般大豆 500円 4,800円(※) 400円 1,200円
小豆 100円 700円 350円 700円
とうもろこし 250円 1,500円 500円 1,500円

※ 一般大豆のSCB幅について、TOCOMより7月21日時点で「1200円」との発表がございましたが、8月22日に「4800円」に変更となる旨、発表がございました。

即時約定可能値幅とサーキットブレーカー幅のイメージ

TOCOM次期取引システムの変更点について ページTOPへ