主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

コンテンツ

NY金、反落

2019/01/11

10日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月物の清算値は前日比4.60ドル安の1オンス=1287.40ドルと反落しました。

9日夜の外国為替市場ではドル売り・ユーロ買いが進行し、ドル建てで取引される金は割安感から上昇。深夜には1298.00ドルと心理的な節目である1300ドルに迫る場面がありました。

しかし、その後にドルがユーロに対して買い戻される展開となったことから、金はじりじりと値を消し、朝方にはマイナス圏に転落しました。午前の早い段階では、世界的な株価の軟調を支えに下げ渋っていたものの、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言が午後に入って伝えられると売りが拡大しました。

パウエル氏はこの日、首都ワシントンで開かれた討論会に出席し「インフレを踏まえると、FRBは(利上げに)忍耐強くなれる」との見解を繰り返す一方、「米景気が近く後退する兆しは見られない」などと発言しました。これを受け、米金融市場では金利が上昇し、ドルも対ユーロで一段と強含みました。

日足チャート

バックナンバー

コンテンツ ページトップへ

カスタマーサービス・お問合せ先

トレードツール、相場情報ツールの操作方法、口座照会、入出金等に関するお問合せ、その他弊社サービスに関するお問合せは下記までお願いいたします。

0120−282−094

メールでのお問合わせ

コンテンツ ページトップへ