主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

コンテンツ

NY原油、3日ぶり反落

2018/09/14

13日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の米国産標準油種WTI10月物の清算値は前日比1.78ドル安の1バレル=68.59ドルと3営業日ぶりに反落しました。

最新週の米原油在庫が大幅に減少したとする米エネルギー情報局(EIA)の発表を受け、10月物は前日に清算値ベースで70ドルの大台を回復し、中心限月としては約2カ月ぶりの高値水準を付けていました。この反動で、この日未明にかけては利食い売りが台頭しました。
さらに、国際エネルギー機関(IEA)が発表した月報で、世界の石油需要は間もなく日量1億バレルに達する見通しではあるものの、新興国市場の危機や貿易摩擦の激化などが需要の伸びを抑制する可能性もあると分析していたことから、売りに拍車が掛かる展開となりました。IEAはまた、8月の石油輸出国機構(OPEC)加盟国の原油供給量が9カ月ぶりの高水準になったとも指摘していました。

朝方の段階ではいったん下げ止まったものの、その後は再び売りが活発化しました。また、ハリケーン「フローレンス」が米南東部沿岸に接近する中、テキサス州から同地域一帯を経由して米北東部へ輸送されるガソリンなどの石油製品の供給が滞るとの懸念も広がり、午後には一時68.35ドルの安値を付けました。

日足チャート

バックナンバー

コンテンツ ページトップへ

カスタマーサービス・お問合せ先

トレードツール、相場情報ツールの操作方法、口座照会、入出金等に関するお問合せ、その他弊社サービスに関するお問合せは下記までお願いいたします。

0120−282−094

メールでのお問合わせ

コンテンツ ページトップへ