主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

コンテンツ

NY金、小反落

2018/09/14

13日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月物の清算値は前日比2.70ドル安の1オンス=1208.20ドルと小反落しました。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は13日までに、米国が中国との貿易摩擦緩和に向けた閣僚協議の再開を打診していることについて、11月の中間選挙を控えてトランプ米大統領が政治的な圧力を受けていることが背景にあると報道。これに対し、トランプ米大統領は「ウォール紙は間違っている。米国側は中国側と合意するための圧力にはさらされていない。中国側が米国側と合意するための圧力にさらされている」とツイートしました。これを受けて、米中による「貿易戦争」回避に向けた通商協議が依然難航するのではないかとの懸念が浮上。両国間の摩擦が激化すれば、金需要も減退するとの見方が強まり、金に一時的に売り圧力がかかりました。

ただ、朝方に発表された8月の米消費者物価指数(CPI)が全体、コアともに市場予想を下回ったことを受けて、外国為替市場では対ユーロでドル安が先行。ドル建てで取引される金などの商品に割安感が生じていたことから、この日は買いも入りやすく下値は限定的でした。

日足チャート

バックナンバー

コンテンツ ページトップへ

カスタマーサービス・お問合せ先

トレードツール、相場情報ツールの操作方法、口座照会、入出金等に関するお問合せ、その他弊社サービスに関するお問合せは下記までお願いいたします。

0120−282−094

メールでのお問合わせ

コンテンツ ページトップへ