主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

コンテンツ

NY原油、小幅続落

2018/08/10

9日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の米国産標準油種WTI9月物の清算値は前日比0.13ドル安の1バレル=66.81ドルと小幅続落となりました。

米中が報復関税の応酬を繰り返す中、米中「貿易戦争」の激化により、世界的な経済減速でエネルギー需要に悪影響が及ぶのではないかとの警戒感が広がりました。また、中国税関総署が8日発表した貿易統計によると、7月の原油輸入が3カ月ぶりに若干ながら増加に転じたものの、独立系製油業者の需要低速で引き続き低水準にとどまっていることも相場の重しとなりました。

このほか、外国為替市場では朝方から対ユーロでドル高が進行。ドル建てで取引される原油などの商品に割高感が生じたことも圧迫材料となりました。

ただ、前日に1カ月半ぶりの安値をつけた反動からこの日は安値拾いの買いが入りやすかったことに加え、イラン制裁強化への警戒が依然くすぶっていることから、下値は限定的となりました。

日足チャート

バックナンバー

コンテンツ ページトップへ

カスタマーサービス・お問合せ先

トレードツール、相場情報ツールの操作方法、口座照会、入出金等に関するお問合せ、その他弊社サービスに関するお問合せは下記までお願いいたします。

0120−282−094

メールでのお問合わせ

コンテンツ ページトップへ