主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

コンテンツ

NY金、小反落

2018/08/10

9日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月物の清算値は前日比1.10ドル安の1オンス=1219.90ドルと小反落しました。

この日は米中間の「貿易戦争」に関連した目新しい材料もなく、値動きの乏しい「夏枯れ相場」が続きました。ただ、金の主要な買い手である中国の通貨・人民元の対ドル相場がやや持ち直したことなどが支えとなり、早朝以降は小じっかりに推移。朝方には米労働省が経済指標を発表しましたが、7月の卸売物価指数(PPI)が前月比横ばいとなり、市場予想(0.2%上昇=ロイター通信社調べ)を下回った一方、最新週の新規失業保険申請件数は市場予想に比べて少なく、相場は方向感に乏しい展開となりました。

昼ごろからは、外国為替市場でドル買い・ユーロ売りが進行したため、ドル建てで取引される金の割高感を意識した売りが台頭し、小幅ながらマイナス圏に沈みました。

日足チャート

バックナンバー

コンテンツ ページトップへ

カスタマーサービス・お問合せ先

トレードツール、相場情報ツールの操作方法、口座照会、入出金等に関するお問合せ、その他弊社サービスに関するお問合せは下記までお願いいたします。

0120−282−094

メールでのお問合わせ

コンテンツ ページトップへ