主なカテゴリ
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • サービスガイド
  • 取引ツール
  • マーケット情報
  • よくある質問

コンテンツ

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録

2017/04/06

日本時間4月6日午前3時に3月14日、15日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録が公表されました。

経済成長が予想通りに進めば、利上げは緩やかに継続するが妥当との見方でおおむね一致したほか、大半の参加者が、量的緩和で拡大した保有資産の縮小を年内に始めるのが妥当との考えを示していました。

3月会合では、利上げの道筋に加え、4兆4000億ドル超に膨らんだ保有資産圧縮の本格的な検討を開始しました。

議事要旨によると、大半の参加者が、資産縮小は満期を迎えた米国債と住宅ローン担保証券(MBS)の再投資の停止によって行うことに賛同。開始時期は経済情勢に応じて判断し、「徐々に予見可能な方法で」実施する必要があるとの認識を共有しました。

利上げに関しては、インフレ率が目標の2%に達するにはなお時間がかかるなどとして、緩やかな引き上げが妥当との意見が出されました。ただ、物価が年内に目標を達成するとの声もあるなど見解の相違もありました。

さらに、トランプ政権の財政政策がより拡張的で、物価圧力が高まるなどした場合には、ペースの見直しが必要との指摘もありました。政権の政策に関して、参加者は「不確実性が大きい」と強調。財政政策は景気を上振れさせる可能性がある一方で、移民や通商政策は下振れさせる恐れもあるとの指摘がありました。

大統領選後の株価上昇については、法人税減税への期待などがあると分析。今後の情勢次第で、上向き、下向き双方のリスクがあるとの意見が出ました。

1分足チャート

コンテンツ ページトップへ

カスタマーサービス・お問合せ先

トレードツール、相場情報ツールの操作方法、口座照会、入出金等に関するお問合せ、その他弊社サービスに関するお問合せは下記までお願いいたします。

0120−282−094

メールでのお問合わせ

コンテンツ ページトップへ