金オプション取引 手数料0円キャンペーン

口座開設お申込みはこちら

金オプション取引手数料無料の概要

対象期間

2017年12月1日(金) 〜2018年2月28日(水)
(2017年11月30日の夜間立会開始から、2018年2月28日の日中立会終了まで)


対象銘柄

東京商品取引所上場の「金オプション取引」

詳細について

弊社に口座をお持ちのすべてのお客様が対象になります。
2017年11月30日(木)夜間立会から、2018年2月28日(水)日中立会終了までの「金オプション取引」の新規および反対売買による仕切手数料を『0円(無料)』とさせて頂きます。

※権利行使および割当による決済につきましては、新規建玉時の手数料は無料となりますが、権利行使及び割当時の手数料は発生いたします。

※2018年2月1日(木)以降に新規口座を開設したお客様は、口座開設日から1か月間新規および反対売買による手数料を『0円(無料)』とさせて頂きます。


注意事項
  • ※対象期間中に建玉し、期間終了後に反対売買により決済された場合の仕切手数料も『0円(無料)』です。
  • ※セルフコース及びプレミアムオンライン取引のどちらのコースも対象となります。
  • ※金オプション取引は、現在実施中の新規口座開設キャンペーンの対象銘柄にはなりません。
  • ※お客様のお取引に不正等が認められた場合は、弊社の判断により金オプション取引手数料無料の対象外とさせて頂きます。
  • ※IPアドレス等が弊社のお客様と同一の場合は、金オプション取引手数料無料の対象外とさせて頂きます。

これからは金オプション取引に注目

口座開設の流れ

口座開設お申込みはこちら

【お取引時の重要事項】

平成29年12月1日現在

商品先物取引の委託者証拠金とレバレッジにつきまして

商品先物取引は委託に際して委託者証拠金の預託が必要になります。最初に預託する委託者証拠金の額は商品により異なりますが、最低取引単位(1枚)当たり片建証拠金(プライス・スキャンレンジ)の額は最高100,000円(オプション取引は除く)です。但し、実際の取引金額は片建証拠金(プライス・スキャンレンジ)の額のおおよそ10倍から70倍程度(オプション取引は除く)という著しく大きな額になります。また、委託者証拠金は、その後の相場変動により追加の預託が必要になることがありますので注意が必要です。その額は、商品や相場の変動によって異なります。

商品先物取引のリスクにつきまして

商品先物取引は、相場の変動によって損失が生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、その損失額は投下資金以上の損失が生じることがあります。
商品先物取引のリスクについての詳細はこちら

商品先物取引の手数料につきまして

商品先物取引の委託には委託手数料がかかります。その額は商品によって異なり、最低取引単位(1枚)当たり片道税込み最高1,950円です。

弊社のディスクロージャーにつきまして

弊社の企業情報につきましては、弊社店頭及び日本商品先物取引協会ホームページにて開示を行っております。

商品先物取引業者許可番号

農林水産省指令28食産第3988号、20161108商第10号

  • お客様相談窓口

    北辰物産お客様相談窓口 本社管理部

    【所在地】東京都中央区日本橋茅場町1-9-2
    【受付時間】月〜金曜日8:30〜17:30
    【フリーダイヤル】0120-102-177

  • 日本商品先物取引協会相談センター
    【所在地】東京都中央区日本橋堀留町1-10-7 東京商品取引所ビル6階
    【受付時間】月〜金曜日(祝日を除く)9:00〜17:00
    【TEL】03-3664-6243
    【URL】http://www.nisshokyo.or.jp/